​癒

それは心安らぐAfternoonTea

頑張った自分へのご褒美のため、

忙しすぎる自分がリラックスするため、

​記念すべき日のお祝いのため、

ゆったりくつろげるATを自分自身でも

コーディネートできるノウハウをお伝えします。

​学

それは心豊かなAfternoonTea

そもそもATは社交の場であり、

学びの場でもありました。

どんなコトでも学びは人生を豊かにしてくれます。楽しく学べる場を提供し続けたいと思います。

​嬉

それは心華やぐAfternoonTea

ATは常にそのスタイルを進化

続けています。

 

才能あふれる方々、様々な業種、街、社会を協業・協奏し、ワクワクする新しいATの場・機会を提供していきます。

​今から200年以上前の19世紀、英国ウーバンアヴィーで生まれたなんとも優雅な魅力的な喫茶習慣であるアフタヌーンティーはともとは中国文化と英国文化の融合から生まれました。当初はレディの社交界デビューの場でもあったようです。その後、時代時代にいろんな文化と融合し人々を魅了しながら進化し続けてき、今では世界各地で楽しまれています。
自分で楽しむ気軽なアフタヌーンティーから、ヒトとのつながりを深めるかけがえのないアフタヌーンテー、そして、 街や社会ともつながっていくワクワクするアフタヌーンティー。
そこには常に人々の嬉しい笑顔があります。
私たちはこれからもアフタヌーンティーが素晴らしい文化として進化していくための一助となるよう
取り組んでいきたいと思っています。

The board of directors 

Yoko Hashimoto

​筑波大学卒業後​、20年間NECで営業・商品企画・ブランディング・プロモーションなどマーケティング業務に携わり、多くのイベントなども手がけてきました。多くのことを学ばせていただき今の自分があるのはこの経験のおかげです。

その後、夫の転勤に伴い退職し、アフタヌーンティーの本場ロンドンに住むことになりました。それまでにも旅行や出張など何回もイギリスは訪れており縁があったようです。イギリスでは多くの伝統や新しい文化に触れ、帰国後はアンティークのオンラインショップ&アイシングクッキー教室「Precious Time」を立ち上げ、同時期にアフタヌーンティーのコミュニティ「アフタヌーンティー大好き♡」も運営することになりました。                                  (メンバー数 約6,022人 2020年2月現在)

​教室ではテーマに沿ったおうちアフタヌーンティーを提供し、それが話題に。もっと多くの方にアフタヌーティーの魅力を知っていただき、より多くの方に自宅でも素敵なおうちアフタヌーンティーを楽しんでいただきたいという思いからこの協会を立ち上げることになりました。​私にとってアフタヌーンティーはヒト・モノ・コトにつながりをもたらし、心豊かになる素晴らしいPrecious Time!  

 

プロフィール 

   NECで20年間ブランディング・プロモーションに携わる

   Yukochocolate@Londonにて各種スイーツを習う

  Curios March@Londonにてテーブルコーディーネート受講

     Bisucuteers@Londonにてアイシングクッキーディプロマ取得

     Judith Blacklock Flower Schoolにてディプロマ取得                   代表理事 橋本 陽子

幼い頃から一流ホテルに勤める母の影響で、都内各所のホテルを回り美食に目覚めました。一方、高校生の時、交換留学生として1年間アメリカへ留学し様々な人種を魅了するジャンクフードの奥深さも知り、学校卒業後は歌手を目指してレッスンを受けながら映画制作にも携わり、多くの人と何かを作り出すことの素晴らしさを学びました。

その後、OLなどを経て36歳の時、服部栄養専門学校 栄養士科へ入学し2年後に卒業と同時に国家資格である栄養士免許を取得、続けて同校のパティシエ専科を卒業しました。スウィーツの創る側の世界にどっぷりつかった期間でした。

オーストラリアのパースで2カ月、香港でも2カ月、現地に住みながら文化を食で知る生活を送り、その後2014年に外資系コンシェルジュサービス会社で、今までの食に関する経験を生かしてダイニングスペシャリストとして働き始め、それを機に人をこれほどまで幸せにし、魅了する"アフタヌーンティー"に目覚めました。コンシェルジュを辞めてからも東京都内はもちろん、京都、大阪、石垣島、海外ではハワイ、シンガポール、香港、グアムなど、海外旅行に行くのはアフタヌーンティーが目的と言っても過言ではない生活を送っています。

アフタヌーンティーを語らせたら右に出るものはいないと言っていいほど食べ歩いています。この1年間だけでも約100回ほどのアフタヌーンティーを堪能いたしました。この経験を生かし、みなさんにとってより良いアフタヌーンティーなどういうスタイルなのか?を協会を通じて追求していきたいと思っています。    

 

K's Studio スコーンマイスターコース修了      

                   エグゼクティブコミュニケーター 竹井 友美

幼少の頃ロンドンに住んでいたこともあり、英国文化に親しみをもっていました。聖心女子大学で英文学を専攻した後、銀行でOL生活をしていましたが、「好きなイギリスに関わる事をしたい」という想いからウェッジウッドに転職、続いてカリグラフィーやテーブルコーディネート講師となりました。その後生徒さんのリラックスタイムになっていた「ティータイムのおもてなし」の魅力をより広げようとお茶関連の資格を習得し、自宅で「世界のお茶×お菓子×ティータイムコーディネート」教室をスタートさせました。

 

数年後、夫の転勤に伴いシンガポールへ。ぽっかり空いてしまった時間を癒してくれたのがアフタヌーンティーでした。英国海峡植民地だったので、現地には多くのホテルでアフタヌーンティーがあり、英国+アジア文化の個性あふれるメニューの虜になり、そこから「愛好家」としての活動を本格的にスタート。日本⇔シンガポール+海外でのアフタヌーンティーの経験は7年間で400回を超えています。

 

私にとってアフタヌーンティーは日常生活のちょっと先にある優雅なティータイムと同時に、ご一緒した方々との交流を深めるひとときであります。今までの多くの経験を元に、当協会を通じてホテル&おうちアフタヌーンティーの魅力を多くの講座やイベントを通じてお伝えしたいと思っております!

 
<プロフィール>

●日本紅茶協会ティーインストラクター   ●ルピシア世界のお茶マイスター

●UK Tea Academy "Tea Champion"    ●シンガポール留香茶藝中級インストラクター

●日本茶アドバイザー           ●ハーブティーソムリエ 

●日本フィンガーフード認定講師

●K’s Studio スコーンマイスターコース修了

​                                                                                           エグゼクティブプランナー 倉橋 由利子

 

Japan British AfternoonTea Association
​©2018-2020 JBATA. all Rights Reserved
  • Facebook
  • Instagram